読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえずかけそば一丁

アニメとか映画とか気になったものについて

2011年のアニメを声優史的観点から振り返ってみる

2011年も様々なアニメが放映されましたね。その中から自分が気になった演技があったものをランキング形式でピックアップしてみたいと思います。


【第10位】
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 めんま (CV:茅野愛衣)
言わずと知れためんまちゃんです。今年の声優アワードの新人賞最有力候補といったところでしょうか。様々な方がが言及しているので今更私から言うことはありません、はい。(ぶっちゃけ個人的にはあまり印象に残ってない)


【第9位】
うさぎドロップ 鹿賀りん (CV:松浦愛弓)
2011年夏フジテレビノイタミナ枠で放映されたアニメ。「家族、子育て」をテーマに取り上げた感動的な作品でしたが、中でもりんちゃんのかわいさに魅了された方も多かったのではないでしょうか。そのりんちゃんのCVを担当したのが松浦さん、まだ子役なので先は見えませんが、このアニメをきっかけに大きく羽ばたくことを期待しています。
名セリフ 「だいきち〜」

【第8位】
GOSICK -ゴシック- ヴィクトリカ・ド・ブロワ (CV:悠木碧)
今や超人気声優の一人となっているあおちゃんこと悠木碧さん。2011年の主要作品にはほぼ出演しています。私が注目し始めたのは紅、キルミンあたりからなのですが、当時から良い演技をしていました。最近は子供以外にも大人っぽい役も担当されていますが、やはり本領は子供役ですね。というわけで、まどかではなくヴィクトリカを選びました。
下手な歌を歌うシーンや、ツンデレの演技がポイント高いです。初めてプレゼントを貰ったシーンが印象的でした。

【第7位】
Steins;Gate 牧瀬 紅莉栖 (CV:今井麻美)
実はアニメは観ていないのですが、ゲームをやってハマったシュタゲ。まゆり役の花澤香菜さん、オカリン役の宮野真守も好演していましたが、アニメの出演本数が少なかったことを考慮して今井さんを選びました。他にもアイマスにも出演されていますし、これからまた注目される可能性大です。シュタゲはやはり最終話ですかね、ゲームでいうと真ED。クリスルートも良いのですが終わり方が悲しすぎるので…
名セリフ 「だから、助手でもクリスティーナでもないと言っとろうがっ!」

【第6位】
花咲くいろは 鶴来 民子 (CV:小見川千明)
シャフト声優小見川さん、まさかの大抜擢!ということでミンチが7位です。
ぶっちゃけ観終わっていないので良い演技の話数とかないんですが、あの棒演技の時代からのギャップで6位。今後も様々な(制作会社の)アニメに出ることを期待しつつ。
名セリフ「ホビロン!」

【第5位】
戦国乙女〜桃色パラドックス〜 豊臣ヒデヨシ/日出佳乃 (CV:日高里菜)
6位は戦国乙女より日高里菜さん。スタドラ、ロウきゅーぶ!、タイバニにも出演されました。ヒデヨシも良かったのですが、タイバニの楓ちゃんも良かったですね。高めの声が女の子としてすごい自然で、今後このような役が増えると思います。まだお若いので、ポストスフィア世代として大きく花開くのを期待しております。

【第4位】
日常 長野原みお (CV:相沢舞)
本多真梨子さんも良かったのですが、ここはやはりちゃんみおで。ネギまファンとしてはたまらんキャスティングだと思うのですがどうでしょう?(まぁ本多さんは角川声優だし…)青二声優は30過ぎてからが華よ!(イミフ)
ポイントとしてはやはり怒涛のツッコミと、日常シーンの緩急の付け方ですね。声質がすごい女の子らしいので、ツッコミ時とのギャップが際立っていました。
名セリフ 「命を燃やせぇ!」

【第3位】
STAR DRIVER 輝きのタクト アゲマキ・ワコ (CV:早見沙織)
正確には2010年の作品に分類されるのでしょうが、早見沙織の演技と歌がすごい印象的だったのでランクイン。そらのおとしものではパッとしなかったのですが(学園祭の歌は別)、去年のえむえむっ!、俺妹あたりから頭角をあらわし、ワコでフィットした感じですね。全編通して、早見さんとワコがシンクロするような素晴らしい演技に感動しました。早見沙織さんはホント声の響きがいいです。歌える声優として今後も頑張って欲しいところ。ポイントは歌のシーンと最終話のモノローグ。

【第2位】
夢喰いメリー メリー・ナイトメア (CV:佐倉綾音)
超弩級大型新人キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!という感じ。メリーを見て初めて知ったのですが、少し舌っ足らずで幼さの残った声が非常にメリーとマッチしていました。新人声優で主演は博打ですが、プレッシャーにも負けない好演でした。日高里菜さんと同世代なので、今後のさらなる飛躍に期待。

【第1位】
ジュエルペット てぃんくる☆ 桜あかり (CV:高森奈津美)
これも2010年の作品ですが…名作なので最早語ることはありません、とにかく見てください。そうしなければあかりちゃんの良さはわからないでしょう。
ジュエルペットはキャスティングが素晴らしく、子供向け番組で主役3人とも若手声優と中々思い切っています。サブもくぎゅうや、MAKO、男性陣も福山潤、赤羽根健治を起用してて隙がない。なにより単発ゲストが金元寿子堀江由衣と頑張りすぎです!

高森さんは昨年ですとジュエルペットの他にも夢喰いメリー、日常にも出演されており、今年はAnotherで主演が決まっていると、やっと芽が出てきた感じです。現在ラジオ番組にも出演されていますし、2012年最も注目すべき声優の一人となるでしょう。
演技面でのポイントは、普段ハスキーな高森さんが出す高音がピュアな感じを演出しており、すごい心に響きます。声質が少し独特なので聞き慣れるとすごい印象的に残るんです。
名セリフ 「わ、私…!私の夢は…!テストで100点連発しちゃうの!運動会ではリレーの選手!クラスの人気者になって!みんなに勉強を教えてあげて、生徒会長にもなるの!それからお小遣いをいっぱいもらって!漫画家にだってなっちゃう!ミュージカルのスターにもなりたいし!それから、それから…!」

総括すると、スフィア、花澤香菜沢城みゆきによって侵食された大地に新しい芽が生えたという感じでしょうか。別に彼女らが嫌いなわけではありませんが、声優好きとしては様々なアニメに適材適所で声優が配役されているのが嬉しいわけです。なので、今後新人達が業界を活性化させていってほしいと思います。

ここまで書いて思いましたが、大分タイトル詐欺ですね、そもそも声優史って(ry

まぁリアルな業界の事情的には、コスト削減で大物声優が使えないので、ネームバリューがあり尚且つコストが低い若手を使うしかないわけですが…当面は新人声優による流動化に拍車がかかることを期待したいです。
最近に新人さんはどの方も演技が上手いので(一部例外あり)、ファンたる我々が顔の可愛さやおっぱいの大きさ(おい)ではなく、そういう所を評価して応援する体制が出来れば良いと思います。(といっても事務所の都合とかありますけど…

なにはともあれ2012年は新人声優の年になることを祈りつつ。